バストアップ 豊胸

バストアップさせるための方法

バストアップはほとんどの女性にとって深刻な悩みの一つです。 手段を選ばなくていいのであれば、妊娠するという方法があります。
情勢は妊娠するとホルモンの分泌によりバストは大きくなります。
ただし、出産後の授乳期間が終了すると元に戻ってしまいます。
バストアップを望む女性はそんな一時的な手法を望んではいません。
しかし、この妊娠によって行うおっぱいマッサージにはバストアップさせるヒントが隠されていました。

バストアップのマッサージとは?
出産後に授乳を速やかにするために妊娠中の女性はおっぱいマッサージを行います。
このマッサージによる効果は検証されているわけではないので、すべての妊婦が行っているわけではありませんが、乳房全体を揺らすと固まっていた乳腺を含め皮膚が柔らかくなります。
この根本をやわらかくしておかなければおっぱいがたくさん作られにくいので、妊娠中の女性は乳腺が詰まらないように、いっぱい作られるように乳房のマッサージを行うのです。
この乳房のマッサージは乳房全体を手の平で持ち上げて揺らすというものですが、たったそれだけのことで乳房は驚くほど柔らかくなります。

どうして柔らかいとバストアップ?

柔らかくなるとバストは大きくなりやすくなります
というのも、皮膚も伸び脂肪も蓄えやすくなるからです。
このバストが固いままだといくら脇の下の肉を集めて寄せてブラジャーに入れたとしても、すぐに逃げてしまいます。
柔らかいバストだと寄せた分の皮膚が伸びているので集めた肉を押し出すことなく受け止めてくれるのです。
また、固いままバストアップするより、マシュマロのように柔らかいバトアップの方が魅力的なので、一石二鳥だともいえます。
これ以外にもバストの筋肉をアップするための方法などもありますが、それらは結局バストを固くしてしまうことになるので、あまり魅力的なほうほうとはいえません。
もちろん、人にはそれぞれ合ったやり方というものがあるので、色々な方法を試してみることは決して悪いことではありません。
自分に合ったバストアップできるのが理想です。


胸のサイズは定期的に測り直そう


女性はの魅力のひとつは美しいバストラインがあげられますが、バストは加齢で下がったり、痩せることでサイズダウンしたりとトラブルが起きやすい部分です。
それゆえに日頃からバストケアはしっかり行っておきたいですが、バストを崩してしまう原因のひとつには合わない下着を身につけていることもあげられます。

ブラジャーを購入するときは、サイズを測ってぴったりのものを選びますが、胸の大きさは変化しやすいので、定期的に測り直すことも大事です。
長く測り直していないという場合は一度きちんと測定し直してみましょう。

きつすぎるブラジャーを選んでいると胸がつぶれてしまったり、バストの肉が背中やワキなど別の部分に流れてしまうことにつながります。

トップ、アンダーとも定期的に測りなおし、体に合ったものを身につけましょう。
正しいつけ方をすることも大切ですのでバストの肉が他に流れてしまわないよう、しっかり集めていきます。
下着はデザインの良さで選ぶのも良いですが、美しい胸をキープするのであれば、補正効果の高いものを選ぶことがおすすめです。
そしてすぐにバストアップしたいときなどは厚めのパッドが入ったタイプも役立ってくれます。

バストアップを促進させるには?

そして胸のサイズをダウンさせないためにも無理なダイエットを行わない、運動するときも胸が揺れないようにスポーツタイプのブラジャーでしっかり固定するなどの努力も大切です。

マッサージもきれいな形の整えるのに役立ちますし、筋力トレーニングも大胸筋を鍛えてバストアップするのに役立ちます。
そして姿勢の悪さもバストを小さくすることにつながりますので、正しい姿勢を保つようにしましょう。

このほかでは栄養素も大切ですので、女性ホルモンの働きに似た大豆イソフラボンを多く含む食品を取り入れたり、バストアップに役立つ成分を豊富に含んだサプリメントを活用してみるのも良いでしょう。
大幅にバストアップしたいときなどは豊胸治療も即効性が高くすぐに理想の大きさを得ることができます。